チョコレート子どもにいつから食べさせる?

みなさんのお子さんは何歳からチョコレート食べましたか?もしくは何歳からあげてもいいかな?って考えていますか?

うちはお兄ちゃん離乳食始めた7か月頃から赤ちゃんせんべいを、1歳半くらいからラムネはよくあげていましたが、その他のお菓子にはなかなか踏み出せないでいました。

チョコレートで気になるのが中毒性と虫歯です。

今回はうちの子が何歳からチョコレートを食べたか?や歯科検診で聞いてきた事等を話したいと思います。

kodomo_illust_soft-15

スポンサード リンク

チョコを勧めるおばあちゃんとの攻防戦

うちのお兄ちゃんが2歳を過ぎたころから、私のおばあちゃんがお兄ちゃんにチョコを勧めるようになりました。お兄ちゃんにとってはひいおばあちゃんです。

「もうそろそろチョコたべさせてもいいだろ?」

おばあちゃんはひ孫の喜ぶ顔が見たくて時々チョコを食べさせようとするのです。

でも私としてはまだ早いかな?と思っていたので「まだチョコの味を教えたくない」と断っていました。

でもお兄ちゃんが3歳になったある日おばあちゃんがいつものようにチョコを勧め私が断っていると

「じゃあいったい、いつになったらチョコを食べさせるんだい!」とちょっとキレ気味です。

私も負けじと「じゃあおばあちゃんは3歳の時にチョコ食べてたの?チョコなんてまだない時代でしょ!」と対抗しました。おばあちゃんは大正生まれだったので、チョコなんて簡単に食べられる時代ではなかったのです。

おばあちゃんショボーンとしてしまいました。

そこで私もなんでチョコにむきになってるんだ?チョコの何がそんなにいけないんだ?と考えるようになりました。

そもそもチョコレートに中毒性があるといえるのか?

これに関してはちゃんとした資料や根拠はないのですが、周りの人の話や私の感じ方です。

同じマンションのママさんに「チョコレートは子どもに一度食べさせたら危険よ~やっぱりね、味を知っちゃうと『チョコチョコ』って欲しがるからねぇ」と聞きました。

もう一人他のママさんも「チョコレートはやっぱり最強だね~。チョコがあったら今まで好きだったお菓子に見向きもしなくなった」と聞きました。

おっおそろし~

そして実際何歳から食べさせた?

食べさせてないので、チョコの存在も知らないお兄ちゃんだったのですが幼稚園に入園して間もないある日、スーパーで「これポッキーでしょ!この前幼稚園の誕生日会の時にでた。これおいしかったなぁ~」

と衝撃発言が飛び出したのです!

だぁ~?チョコを食べただと?おばあちゃんからの攻撃から息子を守り抜いたのに、幼稚園がいとも簡単に食べさせただとぉ??

って心の中で叫んだのですが本人はチョコだと気づいてないかもしれない。と思い

「へぇ~美味しかったんだ~!お母さん食べた事ないや」などとぼけていたら

「チョコでしょ。お母さん食べたことあるんじゃない?」

って言われてしまいました( ;∀;)

つまりお兄ちゃんは4歳になる前にチョコレートの味を知ってしまったのです。

遅かれ早かれチョコレートの味に出会う日は来る!

幼稚園の対応にイラッとしたのは否定しませんが、いつかは食べさせる日がくるのだから仕方ないか!って思う事にしました。

ただ、後悔する思いが一つ。

そんな事ならもう少し早くおばあちゃんに「チョコ食べさせてもいいよ」って言えばよかった・・・。おばあちゃん、お兄ちゃんにチョコレートを食べさせたいって気持ちを抱えたまま他界してしまったのです(/_;)

中毒性はあった?

確かにチョコを知ってしまってからスーパーでチョコを欲しがるようになりました。でもおやつは基本的に私が選んで出すようにしているので、毎日チョコを出さなければいいだけの話でした。チョコがある日はやっぱり「やった~」となりますが、チョコ中毒なんてほどにはなってません。「虫歯になりやすいから毎日はよくないよ」と話しているのでそれも理解してくれているようです。

チョコを食べるようになったらどうする?

・飲み物は水やお茶など糖分を含まないものにしよう

口の中に甘いものが残るのが虫歯の原因となるので、甘いものを食べた後は糖分の含まない飲み物にしましょう。うちではおやつの後に『ぐちゅぐちゅぺ』をさせています。

・キシリトール食品を使う習慣を!

歯医者さんや歯科検診でも勧められるのがキシリトールです。ガムが食べられるようになるならガムを、ガムが食べられないようならラムネのようなタブレットを勧められます。

うちも甘いお菓子を食べるようになって意識してキシリトールタブレットを食べさせていましたが、お兄ちゃんは6歳になったので最近はガムを食べています。

・仕上げ歯磨きはしっかりと!

チョコに限らず甘い物を食べる習慣ができたら歯磨きはしっかりしましょう。自分で歯磨きができる歳でも仕上げ歯磨きは必要です。先日受けた歯科検診で、最低でも小学校2年生までは仕上げ歯磨きはしましょうと言われました。

チョコだけが虫歯になりやすいお菓子なの?

チョコチョコと言ってきましたが、最近歯科検診で聞いてきたのでついでに虫歯になりやすいお菓子とそうでもないお菓子を紹介しておきたいと思います。

虫歯になりやすいお菓子

甘いものが口の中にずっと残るお菓子→あめ、キャラメル、ソフトキャンディー等。

歯に挟まったりくっつきやすいお菓子→チョコ、クッキー、ビスケット

虫歯になりにくいお菓子

糖分の少ないもの→せんべい、スナック菓子、クラッカー等。

糖分は多いが口の中からすぐになくなるもの→アイスクリーム、ゼリー、プリン等

※とは言っても、これらのおやつが全く虫歯にならないというわけではないので、歯磨きはしっかりしてください!

終わりに

虫歯の危険を感じながらわざわざ食べさせなくてもいいじゃない!って思われるかたもいるかもしれませんが、それがそうもいかないのです。

幼稚園入園後から「もう食べてるよね?」と遊びに行った家でチョコが出てくる事が増えました。もちろん「うちはまだあげてない」と言っているママさんもいますが、なんといってもお兄ちゃんはもう食べてしまっているので止められません。

しかも小学生になって一人で遊びに行くようになったら親の知らないところで食べるようになるかもしれません。

私の友達は親がチョコレートを食べさせてくれなかったから毎日のように近所のチョコをくれる家に食べに行ってたと聞いたことがあります。

チョコを禁止してコソコソ食べるようになるより、チョコなど甘い物をたべたら虫歯になる可能性も高くなるから美味しく食べた後は歯磨きをしっかりしようね!と教える方がいいと私は思っています。

うちは1歳9カ月の弟くんがいますが、今はまだ別のお菓子で満足してくれています。同じ物を食べたいと言うようになったら困りますね。

でも弟くんはまだ歯磨きイヤイヤ期間継続中なので、もうすこしゆっくり磨かせてくれるようになるまでチョコレートはあげないよー


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告