【経験談】緊急帝王切開と予定帝王切開、何が違うの?

前回もお伝えしましたが、私は第一子出産時に緊急帝王切開になりました。

※参照 常位早期胎盤剥離を経験しました。

そして、第二子出産時には予定帝王切開での出産ができました。

同じく私の妹も第一子を緊急帝王切開で出産し、第二子を予定帝王切開で出産しています。病院も違いましたが、同じ緊急帝王切開でも妹と私では違う点がいくつかありました。そこで今回は私と妹が経験した範囲で予定と緊急の違いをお伝えしたいと思います。

illust3788thumb

スポンサード リンク

緊急帝王切開で予定帝王切開と違う部分は?

<予定帝王切開の場合だと、出産の日程をあらかじめ決める事ができる。緊急の場合は手術が突然決定する。>

緊急の場合は当たり前ですが、「今日、今から帝王切開で赤ちゃんをだします!」といきなりの決定になります。

予定の場合は手術できる日がこの日とこの日などの病院の手術日を提示されて、そこからこちらが都合のいい日を選択します。

予定帝王切開の場合、出産日を赤ちゃんではなく、親が決めてしまうことに抵抗を感じる方もいらっしゃると思いますが、やはり、付き添いの方の予定を立てやすいです!例えば妹は里帰り出産をしましたが、旦那さんの休み調整もしやすかったので飛行機での長距離移動でも余裕をもって付き添いができました。

<予定帝王切開の場合、手術前日は絶食だが、緊急の場合は突然決定する事なのでそうもいかない。>

麻酔の影響で吐き気を催したり、胃に食べ物が残っていると逆流して、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性があるそうです。しかし、緊急の場合はどうすることもできないので、何時頃ご飯を食べたのかを医師や看護師に必ず伝えてください。

私は緊急手術約1時間半前に食事をしてしまいました。まさか緊急手術になるとも思っていなかったので・・・。病院ではやたらと「ごはん食べた?」「何時頃?」「あー食べちゃったか」と先生や助産師さんに言われ、麻酔医もその事をすごく嫌がっていたので、『言わない方がよかったか?』と思ったのですが、もし、何かあった時は知らせておいた方が対処が早いと思うので、必ず伝えましょうね。

予定帝王切開の場合だと、お腹の切り方(縦切りか横切りか)を選択できるが、緊急だと選択できない場合もある。>

【縦切り】開腹しやすく、胎児を取り出しやすいが、傷がケロイドになりやすく目立つ。

【横切り】胎児を出すのに時間がかかり、術後の痛みが若干強いとされているが、傷が目立ちにくい

※お腹を(腹膜まで)縦横どちらに切った場合でも、たいていの場合子宮は横に切ります。なので私のお腹の表面には縦に傷が残っていますが、子宮には横の傷が残っているようです。

妹の場合、陣痛の度に子どもの心音が弱まるとのことで、胎児が普通分娩に耐えられないと判断され、急遽帝王切開での出産となりましたが、おなかは横切りでした。これに関しての希望はとられなかったようです。

一方私は目覚めると縦に傷ができていました。

緊急の度合いで縦切り、横切りが変わるようです。 

第一子から予定帝王切開で出産をした友達数名に聞くと、縦か横かを選択できたと皆が言っています。その中で縦切りの人もいるし、横切りの人もいました。

一度帝王切開での出産経験がある人は次の出産でも必ず同じ方向に切開します。傷がバッテンになることはないと病院で言われました。

<予定帝王切開の場合ほとんどが脊椎麻酔(下半身のみの部分麻酔)をするが緊急の場合、全身麻酔になることもある。>

【脊椎麻酔】脊椎から麻酔を投入し、胸の下あたりから全く感覚がなくなる。痛みは感じないが、自分自身の意識はしっかりしてるため手術をしている様子も分かってしまうし、恐怖感を感じてしまう人もいる。しかし、赤ちゃんがでてくる時の様子も見る事ができ産声を聞くことができる

【全身麻酔】点滴での麻酔ですぐに麻酔がかかるが、その後の意識が全くなくなるので、産声を聞くことができない

予定帝王切開の場合、ほとんどの場合が部分麻酔との事です。

緊急帝王切開の場合でも妹は部分麻酔だったので意識もあり、子どもが生まれる瞬間にも出会え、産声も聞こえたようです。産まれた赤ちゃんをすぐに胸元に連れて来てくれ顔も見る事ができました。

私の場合、第一子の時は母子共に危険な状態にあり「超緊急帝王切開」ということで、全身麻酔となりました。全く意識がないので、産声も聞けませんでした。そして、子どもの体調もあったかもしれませんが、子どもに対面できたのが次の日でした。

麻酔も緊急の度合いで決まるようです。

第一子の母子手帳をみると緊急帝王切開で分娩所要時間が31分。第二子出産時、予定帝王切開での分娩所要時間は53分と書かれています。帝王切開の流れ2でも書きましたが、私は脊椎麻酔の効き目が悪く、二回も麻酔を打つことになったので、そこで時間をとられました。

全身麻酔だと麻酔が効いてきた、効いてこないに時間を取られる心配がないようです。「麻酔します」という声が聞こえたかと思うと、その後の意識は何もありません。目覚めた時は術後でした。

以上、経験した範囲での予定帝王切開と緊急帝王切開の違いをまとめてみました。

どういった場合に緊急帝王切開になるかは前回の記事でお伝えしているので、また読んでみてください。

※参照 誰にでも帝王切開での出産になる可能性があるんです!


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告